アレグラは副作用で眠くなりにくい薬です

アレグラは副作用で眠くなりにくい薬です...

アレグラを飲むと花粉症の症状を軽減することが期待出来ます。 花粉症の症状には、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどがあり、突然鼻水がたれてくるといった困った事態になることが多いのでアレグラを飲んで対処するのが良いでしょう。 人によっては花粉症の時期には鼻づまりがひどくて仕事や学業に身が入らなくなってしまうこともあるため、早めに病院やドラッグストアでアレグラを入手して飲み始めるのがおすすめです。 アレグラが他の花粉症の薬と比べておすすめの理由は、この薬には副作用によって眠くなりにくいという特徴があるからです。 アレグラの有効成分はフェキソフェナジン塩酸塩ですが、これは第2世代の抗ヒスタミン薬に分類されます。 フェキソフェナジン塩酸塩の良い点は、鼻水や鼻づまりといった症状を軽減する効果はしっかりとありながらも、成分が脳に影響をおよぼしにくいことにより、副作用で眠くなりにくいという点になります。 アレグラは眠くなりにくい特徴の他にも、集中力や判断力の低下といった副作用が起こりにくいという利点もある薬です。 そのため、副作用の仕事などへの影響を心配しすぎずに使用出来ます。 アレグラの使用方法は1回1錠を1日に2回飲むことです。 これによって1日中花粉症の症状を抑える効果が期待出来るでしょう。 ところで、アレグラの使用方法として推奨されているのは、花粉症の場合は花粉が飛び始めると予想されている頃から飲み始めたり、症状が出てきた時期にすぐ飲み始めるといった方法です。 つまり、自分が花粉症だとわかっている人は早めにアレグラを服用することで症状を効果的に抑えることが期待出来ます。 それから、この薬は継続して飲むことで効果が得られるので、ひどい花粉症の人が1回飲んで効果が感じられないと思った場合も何日か続けて飲んでみることをおすすめします。 それによって徐々に効いてくることが考えられますが、もしも1週間続けても改善が見られない場合は医師に相談してみましょう。 風邪薬とアレグラを併用するのは危険 アレグラの使用方法について注意しなければならないことに、他の薬との飲み合わせがあります。 例えば、風邪薬とアレグラを併用すると危険が伴うため、鼻水や鼻づまりを早く止めたいからといって自己判断でアレグラと風邪薬を併用しないようにしてください。 何故、風邪薬とアレグラを併用してはいけないのかというと、それは風邪薬にも抗ヒスタミン薬が含まれている場合が多いからです。 風邪薬とアレグラを併用して抗ヒスタミン薬を過剰摂取してしまうと、体内に薬の成分が多くなりすぎてしまい副作用が起こりやすくなるなどの危険があります。 アレグラの副作用には吐き気や頭痛、めまい、呼吸困難などがありますが、使用方法を守って服用している場合はあまり起こらないものです。 しかし、風邪薬などとの併用によって抗ヒスタミン薬を過剰摂取すると、これらの副作用が起こる危険性が高くなりますし、最悪の場合はアナフィラキシーや肝機能障害が引き起こされることも考えられます。 アレグラと併用してはいけない薬にはその他にも、鎮咳去痰薬や乗り物酔いの薬などが挙げられます。 これらにも抗ヒスタミン薬が配合されている場合があるからです。 特に乗り物酔いの薬などは花粉症とは関係がなさそうな気がするため、うっかり飲んでしまうことがあるかもしれません。 全ての人に重大な副作用が起こるわけではありませんが、アレグラの服用中に他の薬を飲もうとする場合には気をつけた方が良いでしょう。 アレグラと風邪薬の併用が危険ということは、この薬の説明書にも書いてあります。 もしも花粉症の治療中に他の病気にかかってしまい薬を飲む必要が出てきたら、医師や薬剤師に現在アレグラを飲んでいるということを伝えて、併用しても大丈夫な薬を処方してもらうのが安全でしょう。

花粉症の救世主のティッシュ

軽度な花粉症ならクラリチンで改善できます...

クラリチンはアレルギー症状を抑える効果のある薬で、ロラタジンという成分を主成分としています。 花粉症もアレルギー症状の一種なので、軽度であればクラリチンを服用することで改善することができます。 花粉症のようなアレルギー症状には、ヒスタミンという体内物質が大きく関係しています。 ヒスタミンは肥満細胞で生成される物質で、通常は不活性状態にあります。 花粉などアレルギーの原因となる物質が鼻の粘膜などから体内に入ると、ヒスタミンは体内に放出され活性状態となります。 ヒスタミンは神経受容体に結合し、様々なアレルギー症状が引き起こされます。 クラリチンに含まれるロラタジンには、ヒスタミンが結合する神経受容体をブロックする働きがあります。 それによりアレルギー症状を抑えることができます。 特にくしゃみや鼻水といった症状に効果的とされており、花粉症のような季節性のアレルギー性鼻炎やダニ・ハウスダストが原因となる通年性のアレルギー性鼻炎に効果を発揮します。 また、蕁麻疹やアトピー性皮膚炎の痒みを緩和する目的で使われることもあります。 クラリチンは対症療法に使用される薬なので、アレルギーそのものを治すことはできません。 あくまでも症状を緩和するために使用されます。 また、花粉症の症状を抑える効果がありますが、その効果はあまり高いとは言えません。 ただし、副作用が少ないので眠気などが起こりにくいというメリットがあります。 花粉症の症状を抑える薬の中には効果が強いものもありますが、口が渇いてしまったり眠気に襲われるなどの副作用が出やすいとされています。 クラリチンは副作用が少ないので、車の運転をしたり仕事や勉強などで集中したいといった人に向いています。 症状が比較的軽度な花粉症であれば十分に効果が期待できます。 花粉が飛散する前から服用しておくことで、薬の効果をより高められると言われています。 そのため早い時期から服用するのがおすすめです。 クラリチンと他の薬の併用によるリスク クラリチンの使用方法は、1日に1回経口服用する方法になります。 服用量は年齢や症状などによって違いがあります。 ロラタジンは持続性があるので、1日1回の服用で済みます。 何度も飲む必要がないので、薬の飲み忘れを予防できるというメリットがあります。 クラリチンは比較的即効性があるので、すぐに効き目が現れます。 ただし、十分な効果を得るまでには数日かかることもあります。 そのため、アレルギー症状が出る前から服用しておくと、より効果的です。 クラリチンには錠剤とドライシロップがあり、ドライシロップは飲みやすいので小児向けの薬になっています。 クラリチンは小児でも服用することができる薬です。 使用方法や用量は、きちんと守る必要があります。 クラリチンは、他の薬との併用に気を付けなければいけません。 特にエリスロマイシンという抗生物質との併用に注意する必要があります。 エリスロマイシンとクラリチンを併用すると、代謝が悪化してしまうからです。 代謝が悪化することでエリスロマイシンの血中濃度が上昇してしまう恐れがあります。…

体温計

熱が出るのは花粉症の症状?

花粉症の症状が強くなると、日々の生活がいつも通りに送れないほどに苦痛が強くなってしまうことがあります。 花粉症によってあらわれる症状には色な種類のものがありますが、主に目や鼻に出るものが多いという特徴があります。 しかし、中には病気をしたわけでもないのに熱が出るということがあり、これは花粉症の影響で発熱をしていると考えられます。 熱が出る原因は多くありますが、鼻づまりがひどくなることで鼻に起こっている炎症によって脳に酸素が送られにくくなり、熱が出ると考えられます。 他の病気の症状との違いは、病気による発熱の場合には高熱になることがありますが、花粉症によるものは高熱になることはなく微熱程度でおさまるものがほとんどでしょう。 同じように鼻づまりによる脳の酸欠により起こる症状に頭痛があります。 脳が酸欠状態になると、自律神経のバランスが乱れてくるので、その乱れが大きくなると、ただの鼻づまりから頭痛という症状を引き起こします。 花粉症は花粉を体にとって悪いものだとみなすことで、入ってきた花粉を体の外に出そうとしている状態です。 この時に起こっているのが防御反応と呼ばれるもので、体を守るために症状が起きているという状態です。 そういったことをしている時には普段よりも体力を消耗してしまうために、免疫力が落ちてしまうことがあります。 特に長期間にわたって辛い症状が続いた時などは、疲れもたまってしまい免疫力が非常に弱い状態になっていることがあるようです。 免疫力が下がっている時は体が他の病原体からの影響を受けやすくなっている時で、体がそのような状態から体を守るために、体温を上げて免疫力を上げようとすることがあります。 これは体の正常な反応ですが、通常、熱は高熱になることはなく37度台の微熱の範囲内に収まる程度でしょう。 このようにいくつかの理由で花粉症を原因とした発熱がみられることがありますが、他の病気との違いは高熱ではなく微熱だということです。 花粉症による熱は適度に運動して下げる 花粉症による熱は病気を原因とするものと違ったメカニズムで起こっているために、熱の下げ方も病気の時とは少し違います。 花粉症による発熱は症状が原因となって二次的に起こっていることが多いために、まずは花粉症の症状が和らぐような工夫をしてみることが大切です。 そのひとつが運動です。 体を適度に動かすことで血流を良くして体温を上げる効果が出ることを狙います。 体温を上げて免疫力をアップさせれば自然と熱が下がるでしょう。 この時にハードな運動を行ってしまうと体への負担が大きくなってしまうために、簡単なものを適量行うことにしましょう。 すぐできるものとしてはストレッチがあり、全身をまんべんなく伸ばすことで血流をスムーズにし、筋肉のコリをほぐすことで鼻づまりを少しでも解消します。 ストレッチを行う時の注意点としては、痛いと思うほどに伸ばし過ぎないようにすることで、痛気持ちいと感じる程度にしておくとちょうど良いでしょう。 ストレッチだけでは物足りないという人にはランニングのような全身を使ってできる運動がおすすめです。 ランニングをすると呼吸機能の強化にもなるので、花粉症の症状にも効果があるでしょう。 この時にも急に長距離を走り始めるのではなく、少しずつランニングをする距離を伸ばすなど無理をかけ過ぎないように注意をしましょう。 他に血流が良くなるものにお風呂に入るというものがあります。 体の調子があまり良くない時には動くのも辛いという人はお風呂にゆっくりと浸かるだけで体温を上げることができます。 しかしどうしても体の調子が悪いという場合には我慢をせずに病院を受診することも必要です。 花粉症による発熱だと思っていても、他の病気が隠れている時があるので、辛い時には必ず病院を受診しましょう。

花粉症に悩む男性

風邪より辛い花粉症の症状について...

花粉症というのは毎年花粉症にならなかったというような人でも、急になってしまうことがあります。 それは歳を重ねたことにより自分の身体の免疫が低下し、花粉の成分にやられてしまうようになってしまったということが挙げられます。 ですから、毎年花粉症にならないからと言って安心していても今年はどうかは分からないので油断できないでしょう。 ですが、体が疲れている時であれば花粉症なのか普通の風邪なのかが分からないようなこともあるものです。 花粉症の症状というのは人それぞれ異なりますが、鼻水が出たり鼻づまりになることが多いです。 また、くしゃみが止まらなくなったり、頭痛を感じる人も多いです。 喉の痛みを訴える人もいますから、とても風邪に似ているといっても良いでしょう。 それゆえに、花粉症なのか風邪なのか分からないことがほとんどです。 ですがとても辛いという事には変わりないので、できるだけ薬で対処するようにしましょう。 けれど注意しなければいけないのは、ふさわしい薬を選ばなければいけないということです。 花粉症なのに風邪の薬を飲んでも効きませんし、風邪なのに花粉症の薬を飲んでも効果は出ません。 ですから適切な薬を選ぶためにも、花粉症なのか風邪なのかということははっきりさせておくことが大事です。 症状から風邪なのか花粉症なのか分からないような時は、どういった時に症状が酷くなるかということで判断してみても良いです。 朝出かけたとたんにくしゃみや鼻水の症状が出るようであれば花粉症の可能性が高いでしょう。 そしてどこにいても症状が酷いようであれば風邪の可能性が高いです。 風邪の場合はそれに加えて寒気がしたり体全体のだるさを感じることもあるので、そうした症状の違いなどからも判断してみても良いです。 いつもよりも薄着でいる時間が長かったり、風邪になるような日常生活を送っていなかったかどうかということも判断の材料として思い浮かべてみると良いでしょう。 花粉症と風邪を見分ける方法 花粉症も風邪もとても辛い物ですが、わかりやすい見分け方法としては、鼻水が濁っていないかどうか確認してみるということがあります。 黄色く濁っていたら風邪による菌が含まれているという事なので風邪である可能性が高いですし、透明であれば花粉症である可能性が高いです。 鼻をかんだ時の状態でも見分けることができるので、知りたい時は確かめてみると良いです。 また、目がかゆく充血してしまう時も花粉症の可能性が高いです。 見分けの方法は鼻水の状態、時間、どこの場所で酷くなるか、なども良いですが、いつもの自分の風邪の症状との違いでも判別してみましょう。 いつも風邪をひくと頭痛がするのに今回は鼻水だけという場合や、いつもの風邪とはちょっと違うという時も判断材料になるでしょう。 そして花粉症の原因は花粉ですが、それ以外に家の中にあるハウスダストも大きな原因になることがあります。 アレルギー体質の人であれば、ほこりと花粉が混ざり合うことで症状が酷くなることも多いです。 花粉症は花粉が多く舞う時期が過ぎれば収まることも多いですが、収まる時期までは耐え続けなければいけないので、自分の普段の生活で改善できるようなことは改善していくと良いです。 花粉をできるだけ寄せ付けない方法として、花粉を寄せ付けないスプレーをしたり、家の中に入る時は花粉を良く払い落とすということも大事です。 家の中に花粉が入れば自分だけでなく家族にも被害が広がってしまうので注意です。 そして市販の花粉症の薬では良くならないような時は皮膚科や眼科、耳鼻科などに相談しましょう。 目のかゆみが酷い人は眼科へ、花粉による乾燥などは皮膚科でも対処してもらえることが多いです。